感染経路と予防方法

ピロリ菌対策の基礎知識

ピロリ菌の除去ができるサプリメント

ピロリ菌の除去ができるサプリメント 胃の粘膜に生息しているピロリ菌は、胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの疾患に関与していると考えられています。
これは、ピロリ菌に感染するとウレアーゼという酵素が作り出されて、これが胃の中にある尿素と反応してアンモニアが発生することにより、胃の粘膜が傷つけられてしまうからです。
また、胃を守るための免疫反応によっても粘膜にダメージが生じることになります。
この厄介なピロリ菌を除去するためには、医療機関で治療を受けるのが最も確実ですが、サプリメントによりアプローチするという方法も考案されています。
具体的には、乳酸菌やハチミツなどが有効で、現在ではこれに加えてフコイダンという成分が注目を集めています。
この成分は、ワカメや昆布、モズクなどの海藻類が分泌しているネバネバ成分で、免疫力を向上するという作用を発揮します。
効果と共に安全性が優れているということも特徴で、安心して利用できるということも注目を集めている理由となっています。

ピロリ菌の感染ルートとは?

ピロリ菌の感染ルートは不衛生な水が多いとされています。
海外旅行に行って、生水を飲むとそこには様々な細菌が含まれていて、下痢や腹痛になることがあります。
ピロリ菌は土の中で繁殖していることが多いのですが、衛生的に問題のある井戸水などにも繁殖しています。
日本では井戸水を飲んでいた世代の人や、戦中戦後の飲水の確保が難しかった世代に多いとされています。
この細菌は感染するので、両親のどちらかが感染していれば子どもの胃の中にもこの細菌が繁殖している可能性があります。
腸内ならば腸内細菌によって体外に排出することができるのですが、胃の中は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が生きられる環境ではありません。
そのため一度ピロリ菌に感染をすると胃酸の出過ぎを抑えながら抗生物質を服用するしか方法はありません。
胃酸が出すぎると炎症が起きやすくなるので、将来的に胃潰瘍や胃癌のリスクが高まります。
予防するためには検査を受けて、ピロリ菌除去の治療をする必要があります。

Copyright (C) 2015. ピロリ菌対策の基礎知識. All Rights Reserved.