日本人の感染率も高いピロリ菌

ピロリ菌対策の基礎知識

ピロリ菌の正しい治し方とは?

ピロリ菌の正しい治し方とは? もし何らかの病気に感染していたら、その病気の治し方を調べます。
もちろんピロリ菌の場合も感染していることが解ったら、治し方、つまり治療法を調べることになります。
ピロリ菌の治療法は除菌治療であり、内服治療が一般的です。
初めての除菌は、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬と、アモキシシリンとクラリスロマイシンの2種類の抗生物質を、朝夕の2回で7日間服用するだけです。
この除菌治療で、70~80%の人が除菌に成功します。
注射も入院も不要ですし、保険が適用する場合なら3000円程度で済みますし、もし保険が適用されなくても10000円~15000円程で治療を受けられます。
ただし、薬の飲み間違いや飲み忘れなどで除菌に失敗することもあるので、医師の指示通りに正しく服用することが大事です。
もしこの治療で改善されない場合は、もう1度、最初と同じ方法で再除菌します。
再除菌は80~90%の人が除菌に成功します。
このように、ピロリ菌の治し方はとても簡単なので、検査で感染が解ったらすぐに治療を始めましょう。

日本人のピロリ菌感染率について

日本人のピロリ菌感染率は、約50%ほどです。
先進国の中では日本人の感染率かなり高いと言えます。
2人に1人はピロリ菌に感染していると言われています。
しかし、衛生状態の悪かった戦後世代の50代以上に限定すれば、さらに感染率は上がり70%以上とも言われています。
ピロリ菌は衛生環境に影響されることが多く、そのため感染率が高いのでしょう。
ピロリ菌に感染していると胃の病気になるリスクが高まることが知られています。
感染しているからといって必ずしも胃の病気発症してしまうわけではありませんが、胃がんになった患者さんの80%以上が保菌者だとも言われています重篤な病気を発症してしまう前に、病気予防のために除菌を行うようにしましょう。
除菌をするには、薬を一週間服用するだけで可能です。
除菌が成功すれば、病気のリスクは格段に下がるので、早めに行うようにしましょう。
感染者は、専門医に相談し、除菌を行うようにしましょう。

Copyright (C) 2015. ピロリ菌対策の基礎知識. All Rights Reserved.