症状と引き起こされる病気

ピロリ菌対策の基礎知識

ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意

検査でピロリ菌に感染していたらどうすればよい? 最近注目されているピロリ菌ですが、恐ろしいことに放っておくと胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすく、胃がんの発症リスクも大きくなることです。
胃がんになった人の99%がピロリ菌感染者です。
高齢者で胃が不快な人や、慢性胃炎の人は要注意、主な原因は幼いころの飲料水といわれています。
50歳以上の日本人の50%はピロリ菌に感染しています。
感染経路のほとんどが水からで、上下水道が整備されていなかった時代に、不衛生が原因で飲料水の中にピロリ菌が生息していたからです。
現代は、そのような地域はなくなりましたので若い人の感染率は下がりました。
中高年の慢性的な胃の不快感が続いている人は病院へ行き、感染していないかの検査してもらうことをお勧めします。
検査は、呼気検査、血液検査、内視鏡検査により採取した胃の組織を検査するなどのいずれかの方法で行われ、胃、十二指腸の炎症度合いによって保険適用が決定されるので、胃カメラでの検査もあります。

ピロリ菌による症状と引き起こされる病気

ピロリ菌に感染していると、胃は絶えずピロリ菌によって損傷され続けます。
そのため、胃炎は、ピロリ菌感染者のほとんどすべての人に起きていると考えていいでしょう。
胃炎があると、胃に違和感を感じたり、胃もたれがあったり、胃が痛くなったりします。
ピロリ菌がいる限り、胃炎が全快するということは望めないでしょう。
進行していくだけです。
症状が進むと、胃潰瘍になります。
十二指腸潰瘍といった症状もみられます。
さらに悪化すると、胃がんになることもあります。
感染しているひとが、皆胃がんになるわけではありません。
胃がんになるのはごく一握りです。
ただ、感染していなくて胃がんになる人はいないので、感染していたら、除菌をすることが望まれます。
除菌をするのは簡単です。
除菌をしないで放置しておくと、本人は胃がんにならずに済むことがあるとしても、幼い子に接したときに、移してしまう可能性があります。
感染は5歳までですので、要注意です。

CONTENTS
新着情報

◎2017/11/30

ピロリ菌の感染ルート の情報を更新しました。

◎2017/4/24

症状と引き起こされる病気 の情報を更新しました。

「ピロリ菌 症状」
に関連するツイート
Twitter

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ菌感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

ピロリ菌の原因・症状・病気~50歳以上の約80%が保菌しているといわれるピロリ菌ピロリ菌の感染源、関連する症状を始め、胃炎や胃潰瘍、胃がんなど、ピロリ菌が引き起こすと考えられている病気についてまとめました。 bit.ly/apHoZc

Twitter someyaclinic そめや内科クリニック

返信 リツイート 1:31

返信先:@mary_yaga ピロリ菌まで関係するとは…今度症状がひどくなったら消化器内科の受診も考えてみます。

返信先:@hatabo789 実は何年も前から症状はあって。胃カメラも飲んだことある(3年前)し、バリウム飲んで検査もしたことはあるけど、ピロリ菌除去したくらいで特になにも異常はなかったですから…多分筋トレしたあとなんで、食後すぐに運動したら横腹が痛くなる、あの感じに近い感じはします。腹筋に力入れてたし。

ピロリ菌、マイナスでした。でも逆流性食道炎により、胸やけなどの症状あり。食べすぎ飲みすぎだなぁ。会議となるとそれだけ食って飲んじゃうからなぁ。

Twitter tanukinikitune Katsuyo Matsuzaka

返信 リツイート 昨日 20:15

みなさん、先日の投稿にコメントをくださり、ありがとうございました😊 ようやく胃カメラの検査ができ、まさかの胃炎・腸炎・ピロリ菌が重なってしまい、もう1週間程度の療養が必要になりました。 幸い症状は回復傾向にあります! 今回、3週間以上の腹痛で恐ろしい思いをした反面、5年以上ぶりに医療機関での検査をすることができたのが良かった...

【胃潰瘍】 胃酸により消化管の壁が自己消化。原因としてピロリ菌、薬の副作用、ストレス。 症状…軽度の場合、胃部の不快感、上腹部の痛み。高齢者の場合症状としてでにくい。重症化すると出血し吐血、タール便 対応…アルコール、カフェインを控える。非ステロイド性消炎鎮痛剤などの薬剤も原因

Twitter caremane_bot2 ケアマネ 単語 保険医療分野

返信 リツイート 昨日 12:06

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ菌感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

返信先:@coco_ma_ruuuu あーそれは全くしてませんね… どういう症状かはわからないのですが、僕の場合胃に激痛を感じる頻度は多くて年1くらいで、若干調子悪いなあってときは月1くらいなんですけどピロリ菌のかのうせいもあるんですかね…調べてみます ストレスって具体的にナンジャ!!ってなります

返信先:@yrmt61011 人生初の胃カメラ! おつかれさまでした<(_ _*)> 油物、甘もの、酒…で逆流性食道炎になるってね💦 私もなってまして😅 今は症状和らいでおりまする~ 鼻から入れるとそんなに苦しくない??かなw ピロリ菌除去(禁酒)頑張ってね~(๑ •̀ω•́)۶ファイト!!

Copyright (C) 2015. ピロリ菌対策の基礎知識. All Rights Reserved.