症状と引き起こされる病気

ピロリ菌対策の基礎知識

ピロリ菌の感染度チェック!常に胃が不快な人や50~60代は要注意

検査でピロリ菌に感染していたらどうすればよい? 最近注目されているピロリ菌ですが、恐ろしいことに放っておくと胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすく、胃がんの発症リスクも大きくなることです。
胃がんになった人の99%がピロリ菌感染者です。
高齢者で胃が不快な人や、慢性胃炎の人は要注意、主な原因は幼いころの飲料水といわれています。
50歳以上の日本人の50%はピロリ菌に感染しています。
感染経路のほとんどが水からで、上下水道が整備されていなかった時代に、不衛生が原因で飲料水の中にピロリ菌が生息していたからです。
現代は、そのような地域はなくなりましたので若い人の感染率は下がりました。
中高年の慢性的な胃の不快感が続いている人は病院へ行き、感染していないかの検査してもらうことをお勧めします。
検査は、呼気検査、血液検査、内視鏡検査により採取した胃の組織を検査するなどのいずれかの方法で行われ、胃、十二指腸の炎症度合いによって保険適用が決定されるので、胃カメラでの検査もあります。

ピロリ菌による症状と引き起こされる病気

ピロリ菌に感染していると、胃は絶えずピロリ菌によって損傷され続けます。
そのため、胃炎は、ピロリ菌感染者のほとんどすべての人に起きていると考えていいでしょう。
胃炎があると、胃に違和感を感じたり、胃もたれがあったり、胃が痛くなったりします。
ピロリ菌がいる限り、胃炎が全快するということは望めないでしょう。
進行していくだけです。
症状が進むと、胃潰瘍になります。
十二指腸潰瘍といった症状もみられます。
さらに悪化すると、胃がんになることもあります。
感染しているひとが、皆胃がんになるわけではありません。
胃がんになるのはごく一握りです。
ただ、感染していなくて胃がんになる人はいないので、感染していたら、除菌をすることが望まれます。
除菌をするのは簡単です。
除菌をしないで放置しておくと、本人は胃がんにならずに済むことがあるとしても、幼い子に接したときに、移してしまう可能性があります。
感染は5歳までですので、要注意です。

CONTENTS
新着情報

◎2017/11/30

ピロリ菌の感染ルート の情報を更新しました。

◎2017/4/24

症状と引き起こされる病気 の情報を更新しました。

「ピロリ菌 症状」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kutunesirka57 一応検討してみましょうキャベジン。ピロリ菌は父の腹にはいたけれど自覚症状あんまりなさそうだった

Twitter naiatelluru クロ猫黒

返信 リツイート 1分前

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

Twitter get_better_bot 病気の一覧bot

返信 リツイート 3分前

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ菌感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

今回はマヌカハニーの効果的な食べ方を調査しました! ピロリ菌を気にした食べ方とかもあるので気になっている方はご参考くださいね〜 #マヌカハニー #ハチミツ #食べ方 マヌカハニーの効果的な食べ方・使い方|日常使いから症状別の摂取方法まで honey-wiki.com/manuka-eat/ pic.twitter.com/Fl4FMEnF2W

Twitter InfoHoneywiki はちみつおすすめWiki

返信 リツイート1 7/17(火) 22:49

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ菌感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

やっぱり食べるのがこわい…。 3月くらいからかなぁ?食べると腹痛がおきて下っちゃうことが何日かおきになってて。逆流性食道炎だよねこれって症状も出てたから病院に行ったら胃カメラ検査。結果、胃炎&逆流性食道炎。ピロリ菌検査も勧められてしたら見事にいた。で、除菌することに。

Twitter shiratsuyudayo 白露@ダイエット垢

返信 リツイート 7/16(月) 14:16

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ菌感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

ピロリ菌の原因・症状・病気~50歳以上の約80%が保菌しているといわれるピロリ菌ピロリ菌の感染源、関連する症状を始め、胃炎や胃潰瘍、胃がんなど、ピロリ菌が引き起こすと考えられている病気についてまとめました。 bit.ly/apHoZc

Twitter someyaclinic そめや内科クリニック

返信 リツイート 7/15(日) 22:31

Copyright (C) 2015. ピロリ菌対策の基礎知識. All Rights Reserved.